医薬品の個人輸入と輸入代行サービスについて

医薬品の個人輸入と輸入代行サービスについて

欧米圏では、ごく普通に販売されている薬品やサプリメントが、日本のお店では買えない事があります。
一つや二つ程度であれば、我慢して別の薬で代用するというアイデアも選べますが、それが持病や自分のコンプレックスに関わるものだった場合は、話が変わります。
ED系の薬や頭髪、ダイエットに関連した薬品の販売については、特に後れを取っていると言われています。

 

 

欧米と日本の違いについて

欧米では普通のドラッグストアで購入出来る薬が、なかなか日本の薬局やスーパーマーケットでは買えない事は多く、辛い思いをしている人々も珍しくありません。
ただ、最近ではインターネットや物流といったサービスが、普及・発達して来ており、個人的に医薬品を輸入するという選択肢が生まれてきました。
欧米で限定的に販売されている商品でも、個人的なルートで、注文を出せば、問題なくゲットする事が可能です。
ただ、まだまだオンラインショッピングを通じての個人輸入は、リスクが高い点もあり、普通のユーザーが英文のページを見ながら、安心して商品を購入出来ない面が目立ちます。
薬品やサプリメントといった、大事な商品のショッピングです。

 

間違いや注文ミス、代金支払いに関するトラブルは絶対に避けたい所でしょう。
そこで近年、そういったユーザーから注目を集めているのが、いわゆる医薬品の輸入代行サービスです。
代行業者という専門家が代わりに、医薬品や商品を、海外のお店から購入してくれるため、利用者は安心する事が出来ます。
また当たり前ですが、輸入業者とは日本語と日本円で、ショッピングを進める事が出来るため、海外にホームページに不慣れな方でも、全く問題なく、取引を進める事が可能でしょう。
今では多種多様な輸入代行サービスが始まってきており、家具や家電製品、衣服なども海外から購入なさるユーザーが目立って来ております。
ただ普通の商品であれば、ユーザー自らが海外サイトから購入しても、リスクは低めかもしれません。

 

しかし、失敗やミスが許されない医薬品という分野にこそ、輸入の専門家・専門店にサポートをお願いした方が賢明です。
医薬品はどうしても、その性質上、アルファベット一文字、数字一つが変わるだけで、全く別の商品になってしまうケースも多く、やはりプロに輸入を代行してもらった方が、リスクマネージメントとして優秀です。
どうしても日本の薬品販売は、欧米に比べて遅れている事が多く、輸入代行といったサービスを使わなければ、良い商品がスピーディーに手に入らない事があります。

 

良く言えば、それだけ安全を管理している、という証拠なのですが、厚生労働大臣の承認や許可をクリアーする必要があり、薬事法というルールが厳格に定められているため、難病や持病に効き目があるとされる商品が、国内市場に並ぶスピードが遅いのです。
また仮に並んだとしても、仲介する業者が増えると、それだけ商品の価格も上がりますし、個人的に商品を海外から輸入した方が、結果的にお得になるパターンも多いです。