輸入代行業者と医薬品の個人輸入

輸入代行業者と医薬品の個人輸入

海外で販売されている薬を使用したい場合、薬事法で決められた範囲内で個人輸入を行うことができます。
しかし、薬の注文や支払いなど全て外国語で行なわなければならず、とても手間がかかります。
そこで、それらの輸入手続を代行してくれるのが、輸入代行業者です。
輸入代行業者は、個人が希望する薬を海外の業者へ発注し、海外から直接個人へ発送するよう手配をとります。
輸入できる医薬品・医薬部外品の数量は薬事法で決められており、その数量を超える輸入はできません。

 

 

知ってお科なければならない限度量とは?

 

海外で医薬部外品扱いのものであっても、日本では医薬品と同じ扱いになりますので、そのことも考慮したうえで、薬の注文をしてください。
また、法律で定められているよりも多い量の薬が欲しい場合、法律を遵守している会社であれば、規定以上の注文は受けないはずです。
そこで、個人がA社だけではなくB社に同時注文し、トータルの発注数量が規定を越えてしまったとします。

 

すると、数量が超過しているために通関で止められてしまう恐れがあり、結局商品は手元に届かないというケースがあり、個人が責任を追及される可能性もあります。
薬の輸入は厚生労働大臣の承認・許可が必要です。
しかし、個人輸入は厚生労働大臣の承認・許可をとる必要がありません。
その為、法律で定められた数量を守る必要があるのです。
無用なトラブルを避けるためにも、数量はきちんと守ってください。
そして、定められているよりも多くの量が必要であれば、注文時期をずらしてみるなどの工夫をしてみてください。

 

輸入代行業者へ依頼するメリットとしては、輸入代行業者の薬に対する知識もあげられます。
日本と海外では薬事法の基準が異なるため、海外では医薬部外品の扱いでも、日本では医薬品に分類されることがあります。
また、薬を生産する過程で、場合によっては衛生面で日本よりも悪い環境で作られている可能性も否定できず、厚生労働省で注意を呼びかけています。
個人で直接海外の業者とやり取りをする場合、管理がしっかりとしていて安心できる業者を探すのはかなり大変です。
代行のプロとして存在する輸入業者は、危険な薬だと判断したり、その薬が日本の薬事法に抵触すると判断した場合、個人が希望したとしても薬の受注を受けることができません。
ただ、そのきちんとした判断が、個人の健康を守ることもあります。

 

海外の医薬品は病気に対しての効能・効果を謳っていて非常に魅力的に映ることがありますが、効き目が強いものは副作用も強いのです。
本来、人の体を守ったり、病気を治したりしてくれる薬ですが、一歩間違えれば健康に悪影響を及ぼします。
薬への知識と個人輸入に関する法律の知識を深めたうえで、信頼できる輸入業者へ代行をお願いしてみてはいかがでしょうか。
そして、手に届いた薬は、個人の責任の上できちんと管理してください。

 

輸入した薬は他の人にあげたり売ったりすることも法律で禁じられています。
自分の体にあった薬を正しい用法で使用し、健康的な生活を送ってください。