医薬品を海外から購入するなら個人輸入代行業者の利用が便利です

医薬品を海外から購入するなら個人輸入代行業者の利用が便利です

ドラッグストアーが街の中に複数あるという地域は多いでしょう。薬以外にも生鮮食料品や酒類、一般食料品や雑貨を販売しており、薬もお店の一角で販売していますというスタイルが多いです。
そういったちょっと大きめのコンビニエンスストアーのようにも思えるドラッグストアーにも、薬を販売するコーナーには薬剤師さんが常駐しています。
病院で医師の診察を受けてから処方される処方箋薬を、処方箋がないのに日本国内の一般的な薬局で購入する事はできません。
処方箋の必要ない一般大衆薬であっても、薬剤師さんのいないお店で購入する事はできません。

 

日本の薬事法

 

日本の薬事法は規制が多く、それゆえ私たちは薬の副作用や誤飲、健康被害から守られているのですが、薬のお値段に人件費がプラスされていて、同じお薬なのに諸外国よりも高い価格で購入しているのは事実です。
そのため、普段から自分が飲んでいる飲み慣れたお薬や、服用方法が分かっているお薬を海外の薬局から自分で輸入する、医薬品の個人輸入が増えています。
基本的にお薬というのは、臨床試験を受けて特許をとり販売されるので、世界中どこで購入しても薬名が同じであればほぼ成分は同じです。
ですから海外で日本国内の価格よりも割安で販売されている医薬品の個人輸入には、海外からの送料を負担してもかなりお得なお値段で購入できます。
ですが、お薬を自分で海外から輸入するにはネックとなる点もあります。

 

まず、購入を考えている国で営業している病院、薬局で日本に輸出してくれる所を自分で探さなければなりません。
交渉はその国の言語になりますから、言葉の壁もあります。
お薬を輸出してくれる病院や薬局が見つかったら、まずは薬の代金を送料と合わせて海外送金しなければなりません。
販売する側としては、薬を日本に輸出してお金を送金してもらえなければ丸損ですから、先に送金を要求するのは当然でしょう。
ですがこちらとしては、お金を先に送金して本当に自分が注文したお薬を間違えることなく送ってくれるのか、かなり不安です。
海外は輸送事情が日本とは異なりますから、ちゃんと届くかどうかも心配になります。

 

そこで今脚光を集めているのが医薬品の個人輸入代行業者です。

 

自分が購入したい薬を輸出してくれる病院や薬局を探して、お金のやり取りや薬の指定といった現地の言語でしなければならない手続き一切を代行してくれます
それで、インターネットショッピングをするような手軽さで薬を海外から個人輸入できるのです。
もちろん、輸入代行業務を依頼する業者も手数料を取りますから、全てを自分で行う事に比べると多少は高くなってしまいます。
ですが自分でするにはかなり困難な業務を全て代行して、日本で購入するよりもかなり安い金額で医薬品個人輸入代行一切を行なってくれるのですから、非常にありがたい存在です。

代金の振込先は医薬品個人輸入代行業者が持つ日本の銀行口座ですから、高額な手数料を払って海外送金する必要もありません。