薬の個人輸入代行の便利さと注意点

薬の個人輸入代行の便利さと注意点

体の不調を治す為に薬は存在しています。
薬の歴史は古く、紀元前4000年の粘土板には、当時薬用として使っていた植物の名前が記されているそうです。
こうした先人の知恵は馬鹿に出来ない物で、現代でも昔の人の身につけていた自然を利用した治癒が見なおされ、新しい治療法の開発に利用される事もあります。
今日では、薬は医師によって投薬されたり、処方箋を貰ったりする事で利用される事が一般的です。

 

また、こうした医療機関でもらえる薬の他にも、ドラッグストア等で購入出来るタイプの薬もあります。
花粉症などのアレルギー反応を抑える為の薬やED治療薬などは、個人で購入する事が可能です。
こうした医薬品は日常的に使う物なので、定期的に購入する方が多く、そういった方にとっては購入費が生活にかかる費用の一部になります。
特に新薬は定期的に購入するには高額だと感じる方も多く、ジェネリックを購入する方が増えています。
中でも海外のジェネリックは安価な事から人気があります。

 

薬の輸入、その方法の具体的な説明

 

では、実際に海外の医薬品を個人が輸入するにはどうしたら良いのでしょうか。
実際に自分でインターネットを使って海外のバイヤーと取引をするには、少なくとも英語の知識が必要です。
また、そのバイヤーが信頼出来る業者なのかどうか判断するのは難しいと言えます。
近年、こうした需要を背景にインターネット上には多くの薬の個人輸入代行業者が登場しています。
こうした業者を利用して、煩雑な輸入手続きを代行してもらう事で、誰でも気軽に海外の医薬品を手に入れることが出来ます。
このような輸入代行を利用する場合でも、注意したいのは信頼性です。
体に使う薬を購入するのですから、偽の薬を掴まされると大変危険です。
輸入代行の業者にも、信頼と実績のある大手業者が存在しています。
特に、薬の購入先を製薬会社と直接の取引をしている販売者からのみに限定している代行業者なら、安心して購入する事が出来ます。
また、第三者機関を使い、薬の成分を検査している業者もあります。
こうした業者では、成分鑑定の結果はホームページに記載されていて、商品の信頼性を向上させています。
海外のジェネリックで人気なのは、花粉症対策の為の抗アレルギー薬や、ED治療薬のほか、ダイエット薬品や避妊ピル等です。
こうした医薬品は個人的な使用目的であれば自由に輸入出来ますが、使用に関しては注意しておくべき点があります。
それは、個人的に輸入した薬品で大きな副作用等のトラブルがおこった場合、何の保証もされないという事です。

 

国内で認可されている薬品を使用した場合の健康被害のトラブルに対しては、医薬品副作用被害救済制度が適用され、医療費の支給等を受ける事が出来ますが、日本国内で認可されていない薬品では、この制度は適用されません。

 

こうした点から、輸入した薬を使用したい場合は、一度医師の指示を仰いだ方が良いでしょう。
経済面と安全性を十分に考慮した上で、輸入代行を有効に活用しましょう。